引越し費用を少しでも安くする方法

私は過去2回引越しをした事があります。
私の勤めている会社は転勤があるので3年一度のタイミングで引越しをしなければなりません。

その中で引越し関するコツを幾つかお話させて頂きます。
まず、1回目の引越しですが、初めての引越しなのでやり方がよくわからず、
とりあえず生活必需品だけを持っていくことにしました。

持っていった物は、パソコン、食器、服です。
準備する時に気をつけた事は、長い距離をトラックで運ぶので、食器等の割れやすい物や、
パソコン等の精密機械は壊れない様にダンボールの中に緩衝材を入れました。
これを入れないと、トラックで運ぶ時の揺れや、荷物を運ぶ時の振動で壊れてしまうからです。

また、運び終わった後に、どれに何を入れたかわからなくならない様に、
ダンボールに何を入れたか簡単で良いので名前を書いておいた方が良いです。

他に冷蔵庫や洗濯機等必要になりますが、
私の場合、最初の引越しは会社から引越し金が出るので、そのお金で後から揃えました。

あまり大きな物を持っていこうとするとそれだけ、手間もかかり、
大変なので出来れば大きな物は後から揃えたほうが良いかもしれません。

1回目の引越しは会社から引越し金が出たのでスムーズに引越しする事ができましたが、
2回目の引越しからは引越し金が出ないので少し工夫をしました。

業者を利用して荷物を運ぶとそれだけ、費用と、お金がかかってしまうので、
2回目の引越しは引っ越し 単身パックでやりました。

衣類や、食器、その他本等細かい物は1回目と同じくダンボールに詰め、
宅配便で引越し先に送りました。

そして後日引越し先で全て受け取る事で、業者に頼むより費用が大分浮きます。
そうなると、洗濯機や冷蔵庫等の大きな家電製品はどうするのかというと、
軽トラックを借りて自分で運びました。

引越し業者に頼むと単身者の荷物で大体2万円〜4万円くらいが相場になりますが
軽トラックをレンタルするだけなら1万円もしないので少なくても1万円以上費用が浮きます!

さすがに洗濯機、冷蔵庫を一人で運ぶ事はできなかったので、
私は友人に協力してもらい運びました。

このやり方だと費用が大分浮いて引越しをする事ができますが、
荷物の梱包や引越し先までの車のルート確認、
そして、引越し先に着いてから部屋まで運ぶ手間を考えなければいけないので、
中々大変かもしれません。

しかし、もし引越しの荷物が多くないのであれば、
引越し費用のお金を他で使うことができるのでとてもお得だと思いますよ。

引越し費用を少しでも安く上げるには

引越しは、何かとお金が掛かるものです。
なるべくなら、少しでも引越しに掛かる費用を抑えたいと思うのが人情というものでしょう。
では、どのようにすれば、引越しの費用を安く上げる事が出来るのでしょうか。

まず、引越しといえば荷物の輸送ですが、一般的に一番お金が掛かるのがこの部分です。
もし、独り暮らしなどで荷物が少ない場合は、
友達や親戚などに手伝って貰うのが一番安上がりかもしれません。

ちょっとした謝礼や、お寿司をご馳走する程度で済みますから、お金の節約になります。
ただ、荷物を運ぶのは、引越しする当人も含め全て素人ですから、
どうしても手際が悪く時間が掛かってしまったり、
場合によっては家具を運ぶ際に壁などを傷付けてしまうかもしれません。

そうした事を考えると、やはり引越し専門業者の中から、
なるべくリーズナブルな料金で荷物を運んでくれる業者を選ぶのが現実的な選択かもしれません。

荷物の量が軽トラック1台で運べてしまう程度の場合は、赤帽に頼むのがベターです。
2トン車や4トン車などを使う一般的な引越し業者に比べ、大分安く上がります。

ただ、家族の多い世帯など、ある程度荷物が多い引越しは、
やはり普通の引越し業者に頼まなければなりません。

そのような場合、単にテレビでコマーシャルをやっている大手会社だからとか、
不動産会社にタイアップしている業者を勧められたからという理由で、
簡単に選んでしまいがちです。

しかし、実際は引越し業者によって料金はまちまちで、またサービスの内容なども異なってきます。
かといって、いちいち何箇所もの業者に見積もりを頼むのも面倒なものです。

そのような場合、インターネット上に「引越し業者一括見積」のサイトがありますから、
そうしたサイトを利用して一括で見積もりを取れば、どこが一番安いかがすぐに分かります。

あとは、引越しの荷造りに先駆け、まず不用品の処分をする必要があります。
荷物の量は引越し費用に比例しますから、なるべく新居に持って行く荷物を減らしたいものです。
それには、今流行りの「断捨離」を実践する事です。

洋服や食器、本やDVDなどは数が多いとそれなりにかさばる荷物になりますから、
使わない物や見ない物は、思い切って処分してしまいましょう。

しかし、なにも全て捨ててしまう必要もなく、売れるものはリサイクル店やネットオークションを利用して、
お金に替えた方が良いです。
多少なりとも引越し代の足しになりますから、
引越し日のかなり前から売却の方法を考えておくべきでしょう。

あとは、ダンボール箱も思っているよりもずっと多く必要になります。
ダンボール箱を持って来てくれるサービスのある引越し業者が多いので、
必要と思われる枚数の倍くらい持って来てもらいましょう。

そうでないと、ホームセンターなどに自分で買いに行く事になりますが、
ダンボール箱も枚数が多いと結構いい値段になってしまうものです。


新しい土地に住む時の心得

目次